【嘘か真実か】遅刻魔は完璧主義者でまじめってホント?

こんにちは。心理カウンセラーの宮田です。今日は問題行動の一つ遅刻についてです。私の知り合いにも5時間以上遅刻する大遅刻魔がいましたが・・・。この人実はまじめなのです。

なぜまじめな人が大遅刻をするのでしょうか。

心理学の観点から考えてみました。

 遅刻魔と言われたらどんなイメージ?

+自分勝手で仕事も適当

+好きなことだけ頑張るタイプ

私はそんな風に遅刻魔に感じていました。他人を5時間待たせるのが当たり前のAさんは、そんなタイプには見えない方でした。

なので気軽に約束をしたのが運の尽き。

5時間も待たされていまいました。悪びれもなくお茶代は割り勘。・・・いや出してよ。

待たせた間に無駄にお茶しまくったんだからさ・・・。と思ってしまいました。

私なら出すけどなあ・・・。悪いもの。

さてAさんは話してみると真面目なんですよね。まじめに自分が遅れたことを逐一報告してくれます。

「うん。でもあなたは私の時間を5時間も無駄にしたよ」

と言いたくなるのをグッとこらえました。私。

マジメな人が他人の時間を奪う遅刻魔?のなぜ

 まじめな人。と言うと、目の前のことをコツコツと。でも柔軟な考え方が苦手と言うタイプの方が多いのですが、まじめな遅刻魔もこの部類に入るようです。

まじめすぎて、突発的な事情が起きた時に突発的な事情に対処できません。

柔軟な人「寝過ごした!」→

・最低限の着替えや身だしなみだけしてさっと出る

・相手に連絡する

・新しく速い経路を模索する

柔軟でない人「寝過ごした」→

・いつもと同じルーチンをこなして家を出る

・いつもの経路で向かう

と言う違いが出てきます。

 

とにかく自分のルーチンを外せないんですよね。そして「遅刻したそうだから連絡しよう」と言うルーチンにないこともしようとしない方がいます。Aさんみたいな。

で、始末が悪いのが自分が悪いと思っていないんですよ。

ルーチンを外せない=自分中心であることに気が付いていない

 本人はとてもまじめに取り組んでいる→遅刻は仕方ない

と言う意識が刷り込まれている場合もあります。

まじめで完璧主義ほど時間の管理が下手な場合があります。

それは予定外のことに対処ができないから。結果時間通りに何かをするのが難しくなります。

 

10時の約束は勝手に10時30分までにしてしまう?

 このようなタイプは「10時約束だけれど、10時30分までくらいは待ってくれるだろう」と無意識に思っている場合があります。

なので、「10時の場合は『9時55分』」など中途半端な時間を設定すると、心に残りやすく勝手に

「~時までは良いだろう」

と判断しにくいとされています。

また 自分は遅刻しても許してもらえるキャラだ

と、いう自己中な思考で甘えている場合もありますので、しっかりと痛い目に合ってもらわないと甘えが抜けません。

いかがでしたか?

私の主人が同僚の遅刻魔さんにとった行動は

「今日と同じ時間な」

とはっきり時間を言わないという手段。これは効いたそうですよ。

おすすめの行動心理学の本

植木理恵の人間関係がすっきりする行動心理学 [ 植木理恵 ]

幸運を引き寄せる行動心理学入門 [ 植木理恵 ]

【中古】 マンガでわかる!すぐに使える行動心理学 /植木理恵(著者),高原玲 【中古】afb

最新情報をチェックしよう!