【落書きする心理】賃貸自宅の壁に絵を描く軽度知的障害児のお話

賃貸なのに自宅に落書きが・・・

賃貸住宅にしばらく住んでいた(転勤族だったので)我が家。もれなく子供の落書きがありました。

ペンの種類は様々。鉛筆・油性マジック・ボールペンetc・・・。

家を買った後は柱に落書き傷が残っています。

まあ猫がいるので柱や壁は傷だらけは覚悟ですが、そこに娘の落書きも加わっているわけで・・・。

 

賃貸だから落書きはダメ

賃貸だから落書きはダメと言っても、一向にやめませんでした。おかげで毎回壁紙はそう張り替え。5年暮らしたアパートは

「5年住んでもらっているので、経年劣化でよいですよ」

と言ってもらえたのが救いでしたが・・・。

賃貸だから落書きはダメ。を理解できていないんですよね。

「このおうちは借りている物だから、綺麗に使わないとダメなんだよ」

と何度教えてもダメだったんですよね・・・・。

 

落書きをする心理とは

落書きと言うのは、一種のマーキングなのかもしれないと私は考えています。

街を歩いていてもやんちゃな人たちがかいた落書きが目につくことがありますが、あれって自分のテリトリーですよ。と言うマーキングなんでしょうね。

私の次女である軽度知的障害あーちゃんが落書きをするのは、自分の居場所であると言うことを確かめる為なのかもしれません。

・・・腹が立つのが、壁に黒板シートを張っても、そこに落書きをしないことなんですけどね。

落書をする。と言うのがマーキングの意味だと仮定すると、もしかしたら自己肯定感が少ないのかも。と言う推理が成り立ちます。

 

「自分がここにいてもいいのかわからないから、自分の居場所を作るために無意識に落書きで居場所を作っている」

 

のではないかと私は考察しています。軽度知的障害のあーちゃんは、自分の心を誰かに説明するほどの知能は持ちません。

ですが、自分のことが理解できないほど知能が低いわけでもありません。

「もう少し低いか高かったら」

と医師に言われる知能を持っています。自分の中にあふれる思いを、外に出せない。そして自分の存在意味が分からない。

だからあーちゃんは自分がいる場所に落書きをするのかもしれません。

 

落書きは消す?消さない?

公共の場に落書きをしたなら別ですが、自宅の分の落書きは私は消さないことにしています。

油性マジックやボールペンや傷なので消せないのもあるのですが・・・。

マーキングなら消しても無駄ですし、ある程度の数でおさまるのであきらめていると言った方が正しいのでしょうか。

「自分のいていい場所だと確かめるために落書きをする」

のであれば、必要がない限りは消さなくても良いかと。

・・・賃貸住宅だと長く住むと経年劣化で、壁紙を変えることも多いですしね。

引っ越しまでの期間が短いと、大変ですが。

落書きを消す→自分の居場所がなくなる

と感じないように配慮してあげれば、消すのはかまわないと思うのですが。

 

子供が壁に描いた落書き。遊びの一環なのか、それとも何か無意識からの信号なのか。

中々難しい判断ではありますが、我が家の一つの傾向としてご紹介しました。

読んでいただいてありがとうございます。

体調気お気をつけてお過ごしくださいね

 

カウンセリング詳細はこちら

無料プランもあるメール相談はこちら

 

 

 

最新情報をチェックしよう!