カウンセラーはうさんくさい!?初回カウンセリングは一番大事

こんにちは。今日は最初に少し宣伝です9月1日発売となる躍進企業応援マガジン COMPANYTANKにコラム掲載させていただきました^^

夫にコラムを読んでもらったら、「うさんくさい」と言われてしまいました。・・・正直に書いただけなのに・・・。

コンサルカウンセラーと言う響きがうさんくさいんですよね。わかります。私もうさんくさいと思ってます。

え?本人が言うなって?えへ

カウンセラーなんて役に立たない

これは元友人に言われた言葉です。カウンセラーは話したからすぐに楽になる。と言う魔法が使える存在ではありません。場合によってはもやもやが深くなったりすることもあります。

カウンセラーはフォーカシング・内観療法・交流分析・論理療法・認知療法・認知行動療法等の心理療法を使い、悩みにアプローチするお仕事となります。

悩みを聞いてどうすればよいか答える。と言う日本人の考えるカウンセリングとは少し違います。なので理解が得にくかったりするのかもしれませんが、信頼できないカウンセラーにカウンセリングを受けても、カウンセリング効果は出ません。信頼関係が何より重要になります。

 

カウンセラーは役に立たないと初回に決めるのはNG?

よくあるのが、初回カウンセリングだけで「カウンセラーは役に立たない」と決めてしまう方がおられます。カウンセラーは占い師ではありません。

なので、一度の相談でズバリ何かの答えを出す!と言うものではないことをご了承いただけないのは非常に残念です。

初回カウンセリングで「このカウンセラーは信頼できるか、できないか」を相談者さんには感じていただきたいと思います。

一般にカウンセリングと言っても、カウンセリングの方法はカウンセラーによって多種多様なんです。

特定の技法にこだわるカウンセラーもいれば、様々な技法を組み合わせているカウンセラーもいます。

そのカウンセラーが「自分に合っているのか」を確かめるのが初回カウンセリングとなります。

役に立つか、立たないかではなくて「自分に合っているのか」と考えていただけると良いかなと思います。

正「カウンセラーは役に立たない」のではなく、「そのカウンセラーが自分に合わなかった」のだと私は思います。

そして日本にはなかなか良いカウンセラーがいないのが実情となります。

どんな素晴らしい資格を持っていても、自分に合わなければ意味がないんですよね。。。

忘れないでほしいのは「初回で感じた違和感を大切に」と言うことです

これは人間関係でも同じなのですが、話していて感じた違和感は必ず大きくなっていきます。

自分と向かい合うために利用するカウンセラーとの間に違和感があると、カウンセリングがうまく進まなくなってしまいます。

なので少しでも違和感を感じるカウンセラーと信頼を構築するのはおすすめしません。

当カウンセリングルームではあなたの立場、目線で関わります

あなたが現状どんなに苦しい状態なのか、つらい状態なのかをご相談内容だけでなく、しぐさや声のトーン、メールの文面等からも想像して、情景を浮かべながらカウンセリングをおこないます。

そのために情報は多い方がより効果的なカウンセリングを行いやすくなりますので、必要に応じて質問もおこないます。

あなたがどうなりたいかが大事

解決もなく、だらだらカウンセリングを引き延ばされるのではないか。と言う不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

当ルームでは、初回の時に「どんな風になればカウンセリングを終了しましょう」と言うことを、相談者さんと一緒に決めます。

ゴールがあるのが、占いとは違うところだと私は思います。

また一回当たりの時間も引き延ばしは存在しません。時間になれば終了いたします。

相談者さんが「もうカウンセリングは必要ない」と思えたら、カウンセリングは終了です

ゴールはカウンセラーが決めるのではなく、あなたが決めるのだと言うこと、忘れないでくださいね

あなたが素敵なカウンセラーと巡り合いますように

 

カウンセリング詳細はこちら

無料プランもあるメール相談はこちら

 

最新情報をチェックしよう!