広汎性発達障害児姉と軽度知的障害の妹のカンケイ

ひとりでいたいさーちゃんと遊んでほしいあーちゃん

アスペルガー症候群が強いさーちゃんは、人があまり好きではありません。外では人懐っこいのですが、家ではできるだけひとりでいたい。

でも友達がいないあーちゃんは、お姉ちゃんであるさーちゃんと遊んでほしいわけです。

でモメる。

とにかくあーちゃんはお姉ちゃんにかまっては怒られると言うことを繰り返していました。

同じ子供部屋だったのでいつもケンカ。

本当に近寄るたびにケンカしていました。主治医のところでのカウンセリング中もケンカです。

・・・いいかげんにして。

障害児のきょうだいは二人とも高校生

現在二人は高校生になりました。姉のさーちゃんは全日制の定時制でマイペースに勉強。妹のあーちゃんは都立支援学校の高等部です。

あーちゃんは「お姉ちゃんの大学の費用を稼ぐ」ために、仕事をするんだと頑張っています。・・・B型事業所はそんなにお金をもらえないんだけれど・・・・。

そんなことを言うのは無粋ですしね。

姉さーちゃんは「あーちゃんが危ない目に合わないように、ちゃんと面倒見ていかなくては」と言っています。

あれほどケンカしていたのに、部屋がわかれて距離ができてずいぶん関係が改善されました。

あーちゃんは見た目が幼くて小学生のようですが、お姉ちゃんよりしっかりしている部分も多いです。お姉ちゃんのほうが幼いですね。精神的に。

でも憎みあうこともなく成長してくれて何よりです。

私自身が兄弟仲が悪いので、よかったなあと思っています。障害があってもなくても、助け合える血のつながった人がいることは良かったと。

このブログでは二人の話もたまにしていこうと思っています。

最新情報をチェックしよう!