言わなくても伝わる夫婦になる方法

恋人だった時と結婚してからとでは彼が変わってしまう

結婚して彼と幸せな家庭を築くはずだったのに・・・こんなはずじゃなかった。

と思っていらっしゃる女性結構いらっしゃるようです。恋人だった時は相手もカッコよかったのに、結婚したとたんにおかしくなっちゃった・・・。

と言うことあるかもしれませんね

言わなくても伝わると言う勘違い

ありがちなケンカの原因の一つが、「言わなくても伝わる」と言うものではないでしょうか。

Twitterのフォロワーさんが「コロッケが食べたいと言ったら、夫さんが買ってきたのはメンチカツ。言わなくてもわかるではなくて、ちゃんと伝えよう・・・」と反省なさっていました。

フォロワーさんは反省していらっしゃったのですが、これってケンカの原因になりえますよね。

コロッケを頼んだのに、コロッケの系列ではないメンチカツを買ってきて『ドヤッ!買ってきてあげたッ』と言う顔されたら・・・。夫婦関係によってはケンカ案件になるかもしれません。

フォロワーさんのような女性なら、「・・・改めて買って来よう・・・。伝え足りなかった」と反省して対応を変えることができます。

でも広い心を持つのは自分の性格や体調にもよると思います。

言わなくても伝わる関係と言うのは、ずいぶん長い間色々なものを重ねてきた結果によって作り上げられるものなんですよね。

結婚しても他人であることに変わりはなくて・・・。

一緒に生きてきた時間がまだまだ短かったり、長く一緒にいても、伝えることを諦めてしまったりしていたら結局言わないと伝わらなくなるんです。

言っても伝わらない時もありますが・・・。

伝えるのはめんどくさいけれど伝えるのが愛なのかな

伝えるのはめんどくさいです。だけれど、相手に自分のことを理解してもらおうとするのが、愛なのかなあ・・・愛を作ると言うことなのかな。と思ったりします。

自分のことを伝え続けて、相手を理解しようとする。これが愛を得る方法の一つなのかもしれませんね。

恋は結婚で終わるかもしれないけれど、一緒に暮らしていくことで愛を育んでいく。のが大切なのかもしれません。

夫さんはメンチカツを食べたかったんだろうなあ・・・と微笑ましく思いましたが、フォロワーさんもそうおっしゃっていました。

我が家では相手に何かをするとき、頼まれたものがない時には

「代用に〇〇を買うけれどいい?」

と報告・連絡・相談をするようにしています。自分がするようにすると、相手もしてくれるようになることが多いので、頑張りましょう。

縁あって結婚したんだから、仲良くしたいですよね。あなたを応援しています。

まああまりにわかってくれないと、こちらも伝えることを諦めてしまうんですけどね・・・。フフ・・・。

言わなくても伝わる夫婦になるには

とにかく自分のことを伝えることだと思います。そして相手の言うことにもアンテナを張る。

相互的なやり取りの中で、経験が積み重なっていけば「こうなんだろうな」とわかるようになってきます。

積み重ねは大変であきらめそうにもなるけれど、磨きあうことで素敵な夫婦となっていきます。

あきらめそうになることも多いけれど、言わなくても伝わる夫婦になりたいあなたを応援しています。

 

カウンセリング詳細はこちら

無料プランもあるメール相談はこちら

 

最新情報をチェックしよう!