【軽度知的障がい・発達障がい児】お手伝いは親からのプレゼント

  こんにちは。発達障がい・軽度知的障がい家庭問題カウンセラーの宮田です。 今回は軽度知的障がい児・発達障がい児のお手伝いのお話です。お手伝いをしてもらってどうなのか。などのお話をしたいと思います。

ヤングケアラー?子供にお手伝いをさせるのは時代錯誤?

 最近は子どもに「お手伝いしてもらう」と言うのが何だか、「違う」のかな?と思ったりもします。

 ヤングケアラーは可哀そう。なんていわれそうですよね。

 でもヤングケアラーとお手伝いしてもらうのはもちろん違います。お手伝いはあくまでお手伝い。

 ヤングケアラーは子どもがメインとなって家庭のことをやることなのかな?と思っています。

 その違いについて調べてみるのも良いかもしれませんね。

【軽度知的障がい・発達障がい児】お手伝いしてもらった方がいいの?

 私はお手伝いさせた方がいいと思っています。将来ひとりで暮らすときに困るのは本人ですし、お手伝いをすることで家事などを覚えることができます。

 我が家ではお手伝いは積極的にしてもらっています。

 子供がお手伝いを覚えれば、親の負担も減ります。家族って助け合いの精神があるとうまく回ります。

 お手伝いをしてもらうと、

+こうすれば親が喜んでくれる(将来パートナーと暮らし始めた時に力になる)

+自分の行動で感謝されることで、自己肯定感が育ち、感謝される喜びを知る

+家事の基本を学べるため将来困らない

+自分でできることを探せるようになると、働きだした時に優位になる

 こんなメリットがあります。

お手伝いは訓練の一つ?

 お手伝いは手先の訓練や情緒の訓練にぴったりです。

 訓練としてお手伝いを取り入れる場合は、できなくても「怒らないこと」です。

 してもらったことに感謝して、出来ていないところがあった時は放置する。本人が見えないところで直す。

 自分がしたことを直されるとプライドが傷つくので、本人の前で直さないようにしましょう。

 もしうまくできていなかったときは、次にするときに一緒にして教えるようにしましょう。

 お手伝いにもOJTが必要なんです。

 お手伝いの結果に着目せず、してくれたことに必ず感謝の言葉を伝える。

 誰だって最初から完璧なことはできません。お手伝いは完ぺきにするのが大切なのではなく、覚えていく過程が大切。

 どんな結果でもありがとうをちゃんと伝えて「ありがとうと感謝される」「自分の行為」が結びつくことが第一です。

お手伝いは親からのプレゼント

 お手伝いは親からの子へのプレゼントの一つだと思います。

 親から子に伝えなければならないのは、「生きる」と言うこと。

 お手伝いは生きる力になります。それは家事のテクニックだったり、自己肯定感だったりコミュニケーションだったりします。

 すこしでも子供に心に残るプレゼントをのこしてあげたいですね

 

最新情報をチェックしよう!
>素敵な日々を見つけるのはあなたです

素敵な日々を見つけるのはあなたです

「こんなこと話して大丈夫?」 「もしかしたらいろいろ言われちゃう?」
「こんなこと誰にも話せない」
そう考えてしまうかもしれません。
心配しないでください。私はあなたの味方です。
あなたがあなたとして輝ける毎日をむかえるために、
あなたの味方の一人となって精一杯幸せのお手伝いいたします

CTR IMG