発達障害を克服するの勘違い?感覚過敏は「慣れさせる」は逆効果!

  こんにちは。発達障がい・軽度知的障がい家庭問題カウンセラーの宮田です。 今日は発達障がいのお話です。

発達障害を克服するの勘違い

 発達障がい児を育てていて困ることは大量にあります。

 私も何度も怒ったり褒めたりなだめすかしてきましたが、一切役に立たない

「怒っても褒めてもうまくいかないとかどうすればええねん?」

と本人に愚痴ったこともあります。

 発達障害を克服させたいと思う親御さんは多いと思います。私も思いました。

 でもその手段に関して、

「慣れる」

は使えないと思っていてください。

どうして発達障がいの子の感覚過敏“慣れる”は使えないの?

 さて発達障がいは苦手なこともたくさんあります。過敏なこと、あなたのお子さんにもありませんか?

 我が家の子は聴覚過敏があります。これは軽度知的障がいの子も同じ。

聴覚過敏がある子はおとに慣れる?

 皆さんは聴覚過敏、どうしますか?

 ここで音に慣れる!は無理なんです。だって脳の構造上どうしても苦手なんですから。

なのに苦手な音を聞かせていると、その場所や状況にかんして嫌悪を大きくさせるだけなんです。

 私も聴覚過敏があり、朝からニュースキャスターの声を聴くのは大嫌いです。

 なので、夫が朝テレビをつけているとうんざり。リビングにはできるだけ短い間しかいません。

 感覚過敏は慣れることはできないので、回避する方法を学ぶしかないんです。

感覚過敏を慣れさせようとすると?

 苦手なことを強制する親に対して不信感を持ってしまったり、トラウマを持ってしまったりします。

 皮膚過敏を持っていて、スキニーなどが着られないなら綿のゆったりしたスカートやズボンでいいんです。

 嫌な服を着せていると、服を着ることが嫌いになるかもしれません。

 過敏ばっかりは回避するしか仕方ない。回避方法を考えるしかないんですよね。

   なので慣れさせようなんていばらの道を歩かず、こればっかりは回避する方法を考えていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>素敵な日々を見つけるのはあなたです

素敵な日々を見つけるのはあなたです

「こんなこと話して大丈夫?」 「もしかしたらいろいろ言われちゃう?」
「こんなこと誰にも話せない」
そう考えてしまうかもしれません。
心配しないでください。私はあなたの味方です。
あなたがあなたとして輝ける毎日をむかえるために、
あなたの味方の一人となって精一杯幸せのお手伝いいたします

CTR IMG