【軽度知的障がい】B型就労事業所|お試しの事業所決めよう第二弾

 こんにちは。発達障がい・軽度知的障がい家庭問題カウンセラーの宮田です。

今日は軽度知的障がいのあーちゃんのお話です。

あーちゃんは高校生。次は就職です。

あーちゃんはB型就労を目指しているのですが、お試し就労第一弾はコロナ禍によってなくなりました。

今回は第二弾の事業所決め。

【軽度知的障がい】B型就労ってどんなもの?

B型就労事業所とは、あーちゃんのように障害があったり、難病がある人が働くことができる福祉サービスになります。

特徴としては次のようなものがあります

+福祉サービス(障害者総合支援法)なので利用料が必要

ただし大体収入で無料になることが多い

+比較的簡単な作業

+短時間から行うことができる

+事業所と雇用契約を結ばない(給料ではなく工賃支給)

+工賃の全国平均は1万6369円(厚生労働省)

【軽度知的障がい】どんな仕事がしたい?あーちゃんに聞いてみた

あーちゃんにどんな仕事がしたいか聞いてみたら、

+品だし

+封入

だと言いました。封入はB型就労ではなく生活介護のようす。なのであーちゃんにはその話をしました。

「あーちゃんはB型就労だけれど、封入のお仕事は大体生活介護になるよ」

と。あーちゃんは納得。

「じゃあレストランとか販売が良い」

と言うことでこんな特徴のある事業所を選びました

【軽度知的障がい】あーちゃんが選んだB型事業所とは

あーちゃんは接客がやりたい様子。私としては不安だけれど、本人がやりたいと言うならまあやらせてみようかな。と思っています。

まだ働くと言う経験もないので、わからないしね。

と言うことでこんな特徴のある事業所を選びました。

1.リサイクル品や事業所の人たちが作ったものを販売するお店

これは私が入会している親の会関連のお店で、メンバーの作ったものやリサイクル品などを売るお店の店番。

場所が比較的わかりやすくて、ちょっと遠いけれど歩いていける?距離です。

どこにあるか知っているので、私もつれていきやすいんです。

2.レストラン事業を行っているお店

レストランの接客や製造のお仕事です。あーちゃんは接客がやりたいと言うことで、こちらに決めました。

3.パンやお菓子製造のお店

あーちゃんは中学生の時に食品加工をしていました。食品加工は結構レベルが高いんです。

「清潔さはあるか」

「言われたことをちゃんと守れるか」

と言うことで、髪を伸ばしていました。髪が長いほうがまとめやすいから。

 

とこの三つを次の候補にして提出しました。

お試しでどれくらいの時間働くの?詳細は?

お試しだとは言え、6時間くらいはガッツリ働くそうです。

通うのは自分で。実際通い始めるとお迎えが駅まであったりするのですが、お試しでは利用できません。

最近はコロナですしね。

一番最初の日は親が連れて行って、挨拶して熱などコロナの検査をして預けて帰ってきて・・・。

帰りは一人で帰ってくるか迎えに行く。

と言うことになるようです。

お試ししつつ適性を探っていく

お試し就労しつつその子に応じた適正を探していく。と言うのが特別支援学校の高校生の流れ。

今年卒業の子たちはコロナ禍で苦戦を強いられたとか。

お試し就労がなかなかできませんでしたからね。

我が子が就労を考え始めると言うのも感慨深いものですが、工賃一か月1万6369円は何とかなりませんかね。

利益を出す。と言うのが福祉サービスだから。。。と甘い気がします。

働いてるのに・・・。まあ障害年金が微々たるものとは言えど出るのですが・・・。

自分の賃金で暮らしていく。と言うのができる世の中になるといいですね

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>素敵な日々を見つけるのはあなたです

素敵な日々を見つけるのはあなたです

「こんなこと話して大丈夫?」 「もしかしたらいろいろ言われちゃう?」
「こんなこと誰にも話せない」
そう考えてしまうかもしれません。
心配しないでください。私はあなたの味方です。
あなたがあなたとして輝ける毎日をむかえるために、
あなたの味方の一人となって精一杯幸せのお手伝いいたします

CTR IMG